ビタミンC誘導体とハイドロキノンの違いについて

ビタミンC誘導体について

 

ビタミンC誘導体とハイドロキノンは違います。

 

ハイドロキノンは効能がどう違うのか?
どちらを取るのが効果的なのかを調べてみました。

 

 

ビタミンC誘導体とハイドロキノンの違いについて

 

ビタミンC誘導体について

 

ビタミンC誘導体はその名前の通り、ビタミンCを効率よく体の中に吸収させるのが目的です。

 

ビタミンCはもろくて、体内に入ったとしてもすべてが吸収されません。

 

たくさん摂取したとしても効果が出にくく、思ったようなものが得られないという
難しい性質
なのです。

 

ビタミンC誘導体とハイドロキノンは似ているところもたくさんありますが、
大きな違いがあります。

 

ハイドロキノンは、飲む漂白剤といわれるほど美白に特化した成分で
その効果は驚くほど高い
です。

 

多くの美白美容液に使用されていますが、効果を実感している人も多くサプリメントとして
愛用している芸能人もたくさんいます。

 

 

ビタミンC誘導体とハイドロキノンは使い方が違う

 

ビタミンC誘導体について

 

ビタミンC誘導体は、どちらかというと化粧品として外側から塗るタイプの方が
とても多いです。

 

もちろん美容皮膚科などで施術するという方法もありますが、どちらかというと
ハイドロキノンの方がクリニックで愛用する人が多いです。

 

ビタミンC誘導体とハイドロキノンでは、保険適用という点が違います。

 

ハイドロキノンは、保険適用になるので普通の美容皮膚科で飲み薬を処方してもらうと
わずかに月々1000円くらいで服用することができます。

 

値段がとても安くて、手に入れやすく医師とも相談できるのでネットで購入するよりも
病院に通う人の方が多いでしょう。

 

実際にモデルも病院で処方してもらったハイドロキノンを飲んでいる人が多いです。

 

ハイドロキノンは、化粧品として外側から塗るよりも薬として服用した方が
より高い効果が得られるといわれています。

 

塗ったりそれよりも、注射で直接皮膚の中に入れてみたり、服用しないとその効果が
実感できにくいという特性もあります。

 

 

副作用が違う

 

ビタミンC誘導体について

 

ビタミンC誘導体とハイドロキノンは、大きな違いとして副作用が違います。

 

ビタミンC誘導体は、間違った使い方で顔が痛くなるくらいでそれほどひどい副作用は
あまりありません。

 

ハイドロキノンは、出血を止めてしまう働きがあるので月経自体がなくなってしまったり
月経の血液の量が少なくなるという副作用
があります。

 

体調の変化はありません。

 

このような違いがあるので、自分の体にどちらがよいのかを考えながら選ぶといいでしょう。

 

 

ビタミンC誘導体化粧水 ランキング

ビタミンC誘導体とハイドロキノンの違いについて関連ページ

ビタミンC誘導体の種違い類と人気のAPPSの違いについて
ビタミンC誘導体の種違い類と人気のAPPSの違いとはどのようなものなのでしょうか? ビタミンC誘導体の種違い類と人気のAPPSの違いについての記事です。