ビタミンC誘導体の種違い類と人気のAPPSの違いについて

ビタミンC誘導体について

 

ビタミンC誘導体で一番人気が高いのはAPPSです。

 

他のビタミンC誘導体の種類や違いについて調べてみました。

 

 

ビタミンC誘導体の種類

 

ビタミンC誘導体について

 

ビタミンC誘導体は、人工的につくられたもので自然界にあるものではありません。
したがって食品などから食べることで摂取することは無理です。

 

研究によってその種類は毎年増えつつあります。

 

ビタミンC誘導体には、人気のAPPSや他にも種類があります。

 

水溶性の種類や脂溶性のビタミンC誘導体もあって、
水溶性だと皮膚の奥まで浸透のしないというデメリットがあります。

 

APPSなら、ほかと違い水溶性と脂溶性の両方の特性があり肌の奥まで浸透して
潤いながら皮膚の再生を促すので多くの化粧品に使われています。

 

APPSは万能なイメージがありますが、実は厄介なデメリットもありまして
その性質がデリケートで、品質が変わりやすいという特性があります。

 

例えば夏場は、通常の化粧品と違い気温の変化を受けやすくてその成分が
すぐに劣化してしまいます。

 

劣化すると色が無色透明から、黄色そして褐色に変化していくので無色の
ビタミンC誘導体が色が着き始めたら危ないと思って下さい。

 

他の化粧水と違い色が変わってしまうのもポイントです。

 

中には薬の力で色が変わらないようにしている品もあるから怖いです。

 

茶色の瓶で光が入らないように販売しているのもお勧めです。

 

 

APPSが一番人気の理由

 

ビタミンC誘導体について

 

APPSが他と違い人気が高い理由は、炎症を押さえて皮脂の余分な分泌を押さえてくれる
働きがあるので、ニキビや肌のトラブルに悩んでいる人に人気です。

 

特に30代以降から悩まれる大人のニキビにも効果が高いので、ニキビや炎症で
肌が大変な人にもお勧めです。

 

ただ、刺激が結構あるので皮膚が弱い人や、アレルギー体質の人は使えないという
事もあるみたいです。

 

肌が弱い人の場合は、濃度の薄いものを選んでみたり、自分自身で化粧水を作って
自分専用に薄く作ってみるといいでしょう。

 

とにかく肌の炎症などのトラブルに強いのがAPPSが一番人気の理由です。

 

使い方さえ間違えなければ、効果的にニキビのケアが出来てしまうので
若い人にも、様々な年代に支持されています。

 

デメリットなのは、値段も結構高いのでなかなか買い続けるのが大変です。
成分が大量に生産できないようなので、値段があまり下がりません。

 

反対に値段が安すぎるAPPSは信用できないので、それなりに信用できる化粧品会社で
購入するのがいいでしょう。

 

 

ビタミンC誘導体化粧水 ランキング

ビタミンC誘導体の種違い類と人気のAPPSの違いについて関連ページ

ビタミンC誘導体とハイドロキノンの違いについて
ビタミンC誘導体とハイドロキノンの違いとはどのようなものなのでしょうか? ビタミンC誘導体とハイドロキノンの違いについての記事です。