ビタミンC誘導体の入った美容液の使い方

ビタミンC誘導体について

 

ビタミンC誘導体は美白美容液によく使われています。

 

どのように使ったらいいのか。
美容液の使い方を調べてみました。

 

 

ビタミンC誘導体の入った美容液の使い方

 

ビタミンC誘導体について

 

ビタミンC誘導体の入った美容液の使い方は、化粧水の場合は洗顔してから
そのまま直接コットンで使って大丈夫です。

 

これが美容液なら使い方が少し変わってきて、洗顔して別の化粧水で肌を
整えて保湿してからビタミンC誘導体の美容液を使います。

 

一回だけ顔全体に塗って、手で押さえて浸透をよくさせて終了です。

 

何度も何度も付け直したりはしません。

 

過剰に使うと刺激が出て痛くなったり、赤くなることがあるので過剰に使うことは
絶対にしません。

 

 

ビタミンC誘導体の原液の使い方

 

ビタミンC誘導体について

 

ビタミンC誘導体の原液は、ニキビのケアや毛穴のケアにも最適です。

 

原液の効果的な使い方は、刺激が強いので顔全体に使わないことです。

 

顔全体に使うときは精製水か、オイルなどに薄めてからなら使っても構いません。

 

そのまま使うと成分が強すぎて、顔が痛くなってしまったり、炎症が出たりと
様々なトラブルが出てしまうので、効果を期待して原液のまま使いません。

 

原液のままパックで使うときも、マッサージして原液の成分が肌に入ったら
しっかりコットンで拭き取って、肌にいつまでも成分が残り過ぎないように
細心の注意を払います。

 

使い方さえ間違えなければ、様々なケアに使えて万能ですよ。

 

原液は、普通の薬局でも買えるようになりましたし、皮膚科などでも売られています。
ネットでは質の高い原液も売られています。

 

 

ビタミンC誘導体の粉末使い方

 

ビタミンC誘導体について

 

ビタミンC誘導体の粉末使い方は、専用の化粧水キットに混ぜて自分だけの美容液を
作ってみたり、自分だけのパックを作ることが出来ます。

 

粉末の利点は、新鮮な状態で使えるので確実に、ビタミンC誘導体を素肌に
取り込むことが出来ます。

 

ビタミンC誘導体の粉末は、美容皮膚科などでも処方して貰えますが、ネットでも
買えます。

 

自分が持っている普通の化粧水に毎日混ぜて使う人もいますが、混ぜるときには
完全に粉が溶けきるまで待ってから使いましょう。

 

パックに粉末を使うのも簡単で、精製水に粉末を混ぜてコットンに染み込ませて
単純なビタミンC誘導体のみのパックをすることも出来ます。

 

無添加で比較的安いので、試してみる価値が有ります。

 

自分で作るのが苦手な方は、手作り簡単キットがセットで売られているので
混ぜるだけのセットを買って使ってみるのもいいでしょう。

 

 

ビタミンC誘導体化粧水 ランキング

ビタミンC誘導体の入った美容液の使い方関連ページ

ビタミンC誘導体でニキビ跡を治すならイオン導入が良い!
ビタミンC誘導体でニキビ跡を治すならイオン導入が良いと言われています。ビタミンC誘導体でニキビ跡を治すならイオン導入がなぜ良いのかについての記事です。
ビタミンC誘導体入り化粧水で毛穴を引き締める
ビタミンC誘導体入り化粧水で毛穴を引き締めるにはどのような化粧品選びや作り方があるのでしょうか? ビタミンC誘導体入り化粧水で毛穴を引き締める化粧品選びや作り方についての記事です。
ビタミンC誘導体のAPPSは手作りがおすすめ?
ビタミンC誘導体のAPPSは手作りがおすすめなのでしょうか? ビタミンC誘導体のAPPSは手作りがおすすめなのかどうかについて書いています。