ビタミンC誘導体を使ってニキビが悪化したらどうする?

ビタミンC誘導体について

 

ビタミンC誘導体は、ニキビのケアに最適だと言われています。

 

けれどもニキビが悪化する可能性は無いのでしょうか?

 

その危険性について調べてみました。

 

 

ビタミンC誘導体はニキビにどのような効果がある?

 

ビタミンC誘導体について

 

ビタミンC誘導体を使うと、ニキビの原因になってしまう素肌の皮脂の
分泌を抑えてくれる働きがあります。

 

思春期のニキビは、ほとんどが成長に伴う過剰な皮脂の分泌が多すぎて
スキンケアが間に合わずにニキビが悪化することがほとんどです。

 

この場合は毎日のスキンケアで、ビタミンC誘導体を使うことによって
ニキビのケアを理想的に行うことができるでしょう。

 

ビタミンC誘導体は、素肌の修復のお手伝いもしてくれるので適量を取り続ければ
ニキビによって傷ついた素肌のケアもしてくれます。

 

ニキビで悩んでいる人にとって、正しいビタミンC誘導体の使い方をしていれば
ほとんどの人に効果があるといえます。

 

 

ビタミンC誘導体でニキビが悪化する場合

 

ビタミンC誘導体について

 

ニキビのケアに最適なビタミンC誘導体なんですが、使い方を誤ると反対に素肌を
傷つけてニキビが悪化してしまうこともあります。

 

悪化してしまう使い方は「使いすぎ」です。

 

ビタミンC誘導体は、刺激が強いので少しの量で大丈夫です。
けれども、どうしても早く効果を実感したいのでニキビが酷い人は通常よりも
大量に使ってしまう人がいます。

 

大量にビタミンC誘導体を塗ると、ヒリヒリとした刺激を感じてそのまま重ねて使うと
皮膚が腫れてしまう事があります。

 

これがビタミンC誘導体によるニキビの悪化の原因なのです。

 

ニキビが出来ているということは、普通の人の皮膚よりも薄く弱くなっている
ということなので刺激には敏感になっています。

 

ニキビが出来ている上からビタミンC誘導体を使う場合は、最初に別のスキンケアで
素肌をしっかり整えてから使うといいでしょう。

 

乾燥したカサカサの素肌に直接、ビタミンC誘導体を塗ってしまうと痛いくらいの刺激を
感じてしまいますよ。

 

痛い!と感じるなら肌が拒否しているので、痛くなくなるまで刺激の少ない化粧水で
肌をゆっくり休めてから使うようにするといいです。

 

 

パッチテストは必須

 

ビタミンC誘導体について

 

ニキビがある人でビタミンC誘導体をを使うなら、絶対にパッチテストをしましょう。

 

パッチテストは、皮膚の薄い部分(お腹、二の腕、太ももの内側)などに化粧品を
塗ってから数時間様子を見て、炎症が出ないかをチェックします。

 

テストをすることによって顔が腫れてしまうのを防ぐことができます。

 

例えテストしても、風邪などを引くと肌の状態が悪くなって皮膚が薄くなり
刺激を感じてしまうことも
あります。

 

 

ビタミンC誘導体化粧水 ランキング

ビタミンC誘導体を使ってニキビが悪化したらどうする?関連ページ

ビタミンC誘導体を使って効果ないと感じた場合は?
ビタミンC誘導体を使って効果ないと感じた場合はどういったことが考えられるのでしょうか? ビタミンC誘導体を使って効果ないと感じた場合についての記事です。
ビタミンC誘導体の効果が実際に実感できるまでの期間
ビタミンC誘導体の効果が実際に実感できるまでの期間とはどのくらいなのでしょうか? ビタミンC誘導体の効果が実際に実感できるまでの期間についての記事です。
ビタミンC誘導体を使えばシミや色素沈着にも効果がある!
ビタミンC誘導体を使えばシミや色素沈着にも効果があるのでしょうか? ビタミンC誘導体を使えばシミや色素沈着にも効果があるのかについて書いています。
ビタミンC誘導体はニキビや過去のニキビ跡にも効果がある!
ビタミンC誘導体はニキビや過去のニキビ跡にも効果があるのでしょうか? ビタミンC誘導体はニキビや過去のニキビ跡にも効果があるのかについての記事です。
APPS配合の化粧品はどれくらいの濃度で効果が実感出来る?
APPS配合の化粧品はどれくらいの濃度で効果が実感出来るのでしょうか? APPS配合の化粧品はどれくらいの濃度で効果が実感出来るのかについての記事です。